キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病と生活習慣との関係はありますか? : うつ病を解決したい!

うつ病と生活習慣との関係はありますか?

うつ病と生活習慣との関係はどうなのでしょう。発症や悪化回避の方法について説明します。

うつ病と生活習慣との関係はありますか?

うつ病と生活習慣は深く関係しているどころか、生活習慣病の1つとさえ言われています。

どうすれば発祥や悪化を回避できるかお話ししてみます。

■すでにうつ病自体が生活習慣病。

うつ病と生活習慣には深いつながりがあります。

現代ではすでに、「うつ病は生活習慣病の1つ」とされていて、ストレスが溜まって暴飲暴食傾向にあったり、過量なアルコール摂取、不眠状態にあったりする人は、すべてうつ病因子をもっていることになります。

鶏が先か卵が先かの関係でもありますが、たとえば既述のような生活習慣が長くつづくと、本当の意味での「こころのリラックス状態・こころの解放」はできていないので、いずれはうつ病発症に向かう危険性をはらんでいることになります。

■生活習慣の改善に早く取り組む。

うつ病にならないためにどうしたら良いか、あるいはうつ病傾向にあると自覚できる人がこれ以上の悪化を防止するためにどうしたら良いかは、生活習慣の改善にあります。

会社での人間関係を悪くしない範囲で少しずつ生活スタイルを改善させていきましょう。

たとえば仕事終わりのお付き合いの回数を減らして、早い時間に家に帰る回数を増やす、早寝早起きの習慣を身につける、そうなってしまたことは仕方ないと割り切るクセを付けるなどです。

■最終的には食生活の改善と睡眠時間の確保、リラックスタイムの拡大が必要になります。

一駅歩きなどの運動習慣も日常化させましょう。

うつ病因子は、ある意味で日常の生活のどこにでも潜んでいます。

暴飲暴食の憂さ晴らしでそのときはリセットできたつもりでも、心の奥には溜まってしまっています。

うつ病を発祥・悪化させていない今のうちなら、会社や家庭に迷惑をかけず、少しずつ改善できます。