キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 若くてもうつ病になることがあるのですか? : うつ病を解決したい!

若くてもうつ病になることがあるのですか?

若くてもうつ病になることはあるのでしょうか。現代社会の特性から、学生でもうつ病になる現状があります。

若くてもうつ病になることがあるのですか?

ストレス社会は学校にも浸透してしまっています。

20代、高校生・中学生でもうつ病を発症する時代です。

早期の心療内科受診が回復期間の長短明暗を分けます。

■現代では20代の若い男女が急増している。

もっともうつ病にかかりやすい年齢層は高齢者。

その次に働き盛りの中高年というデータが公表されています。

しかしこれはかなり古いデータで、この2年-3年の実情をみると20才代の若い男女でも、中学生・高校生の社会人ではない学生でもうつ病患者になり得ることが明らかになっています。

原因は受験勉強、それに絡む家庭でのトラブル、学校でのイジメなんどです。

イジメは社会問題になっていますが、表面化されているのはごく一部で、実際にはそれが原因で「隠れうつ」の状態にある中学生、高校生も急増しているとみる専門家もいます。

■うつ病はかかって当然。

恥ずかしい病気ではない。

高校生で引きこもりになって、うつ病になったとしても、決して恥ずかしい事ではありません。

学校もストレス社会の一部になってしまった現代、若い10代でもうつ病発症のリスクは誰もがもっています。

肝心なことは1日も早く心療内科を受診して診断してもらうことです。

うつ病は必ず治る病気ですが、初診が遅れるとそれだけ回復が遅くなります。

底なし沼のように30年近くうつ病状態にある人も珍しくありません。

■若いということは、未来への可能性もそれだけ多くもっていることを意味します。

人生を無駄にしないよう、早期受診を実行しましょう。

うつ病治療は、1日の遅れが1ヶ月の回復遅れになると思ってもいいほどです。

一刻も早く受診することが早期回復の決め手になります。

早く治す方法の1つに「認知行動療法」がありますが、早期なら投薬治療だけで経過観察できます。